カードローン キャッシング

多くキャッシングしたい人は限度額の多いカードローンがおすすめ

カードローンは利用限度額内であれば何度も利用できる

カードローンは一部の中小の消費者金融を除いて一度申し込んでカードが発行されれば利用限度額内で何度でも利用できるのが最大のメリットです。
初めて申し込みをする時の審査で利用者の属性(勤務年数や居住形態、年収、既に借り入れがあればその状況)に応じて利用限度額が決定されますが、消費者金融よりも銀行の方が多く設定されます。

 

誰でも最初は低めの50万円程度(収入のない学生や配偶者に収入がある主婦の場合は10万円程度)が設定されます。

延滞することなく返済していく

利用限度額はその金融機関で半年程度何度もお金を借りて遅れることなく返済し続けてきた場合に上げてもらうことができ、銀行の場合は最高で1000万円まで設定される所もあります。
一般的には自分の利用限度額の目安は年収の1/3程度だと言われており、利用限度額を上げてほしい場合は収入を増やさなければなりませんが簡単なことではありませんのでまずはお金を借りたら確実に返済していくことが重要です。

 

ちなみに消費者金融のカードローンは無職の人や既に年収の1/3以上の借り入れがある人は利用できません。
また金融機関には利用限度額が初めから多く設定された所もありますが、悪徳金融業者の可能性もあるため注意が必要です。

ブラックでもキャッシングできるカードローンってあるの

金融機関は信用情報を調べてから貸すかどうかを決める

「過去に借金の返済に大幅に遅れた」「1か月に3社カードローンに申し込んだけど全て断られた」などの理由がある人はカードローンにいくつ申し込んでも全て断られる可能性が高いです。
金融機関にとってこのような信用情報のある人にお金を貸してもきちんと返済してくれる可能性があるとは言えず、貸しにくいのは当たり前のことだと言えます。

 

金融機関はカードローンの申し込みをした人の信用情報を調べます。
もしブラックリストに情報が掲載されているとその情報が消えるまでの最大10年の間はカードローンに申し込んでも審査には通らないと思った方がよいでしょう。

ネットで出てくる中小企業は悪徳業者の可能性も

 

ブラックリストに載らないためには借金の返済に遅れてもすぐに返済すること、延滞金を払うこと、そしてカードローンの申し込みは最大でも1か月に2社程度が好ましいです。
最もいけないのは借金の返済から逃げて連絡しないことあり、このような場合にはすぐにブラックリストに載ることになります。

 

インターネットで探すと「ブラックでもOK」という金融機関は確かに存在します。
これらは主に聞いたことがない名前の中小の消費者金融がほとんどであり、違法な金融機関の可能性もありますので利用しない方がよいでしょう。